文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

3回目接種、在庫も活用して積極前倒し…官房副長官「認められればモデルナ製も追加」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
3回目接種、在庫も活用して積極前倒し…官房副長官「認められればモデルナ製も追加」

ファイザー製のコロナワクチン

 木原誠二官房副長官は5日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、余剰分などの在庫を活用して、積極的に前倒しを進める方針を明らかにした。

 木原氏は、3回目接種について、「自治体の能力も踏まえながら、可能なところは前倒しをしていただく」と述べた。重症化リスクが高い人を優先する可能性に関しては、「十分あり得る。議論はしっかりしていく必要がある」と語った。

 ワクチンの3回目接種は、2回目から原則8か月以上経過した人が対象となっている。医療機関などでクラスター(感染集団)が発生した時などに限り、利用者や従業員に例外的に6か月への短縮を認めている。

 前倒しで活用するワクチンについて、木原氏は「2021年分として余剰が出ている分は当然使える。米モデルナ製が(3回目接種用として)承認され、(米ファイザー製と)交差接種ができることになれば、モデルナも追加していく」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事