文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

医療従事者「初めて接種」とウソ、計4回接種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 熊本県合志市は3日、市内の医療従事者の男性(60歳代)が新型コロナウイルスワクチンを4回接種していたと発表した。医療従事者向けの優先接種で4、5月に接種した後、一般向けの接種券で「初めて接種する」と偽って7、8月に接種していたという。

医療従事者「初めて接種」とウソ、計4回接種

コロナワクチン

 発表によると、市職員が接種証明の発行準備の一環で、接種記録を確認して4回接種が判明した。男性は市に対し、「感染者が多く、接種した方がいいのではないかと考えた」と話している。男性の健康状態に異常はないという。

 市は、男性が余分に受けた2回分の接種費用や今後の追加接種について国に確認して対応する方針。

 また、阿蘇市は3日、2回接種済みの30歳代男性に、必要な間隔をおかずに3回目を接種したと発表した。7月までに2回接種を終えていたが、親族からの申請を受け、市は接種券を再発行した。男性は過去2回の接種を失念していたといい、11月に3回目を受けた。健康に異常はないという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事