文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

先月のコロナ感染者、10歳以下が過半数…県まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 山口県は、11月に県内で新型コロナウイルスへの感染が明らかになった52人のうち、10歳代以下の子どもが過半数の27人に上ったと発表した。就学前施設でクラスター(感染集団)が発生したことに加え、12歳未満がワクチン接種の対象外であるためとみている。

先月のコロナ感染者、10歳以下が過半数…県まとめ

山口県庁

 県健康増進課によると、52人の内訳は、10歳未満が23人、10歳代が4人、20、30歳代が計9人、40、50歳代が計10人、60歳代以上が6人だった。

 10歳代以下の27人のうち、11人は山陽小野田市で発生した就学前施設クラスター関連だった。ほかにも家族内、きょうだい間の感染などで、ワクチン接種対象外の子どもへの感染が拡大した。

 11月12日以降、1日あたりの新規感染者は0~3人となっているが、県は新たな変異株「オミクロン株」に警戒を強めており、手洗いやマスクの着用、部屋の換気など感染防止対策の徹底を呼びかけている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事