文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」

妊娠・育児・性の悩み

卵子提供で生んだ子「愛せるかな?」 不安な気持ちも今では…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 みなさん、こんにちは。なかさとみです。コラムでは毎回、卵子提供について色々と書いています。今回は「卵子提供でお子さんを産んだ方の声」をご紹介したいと思います。

悩んだが「卵子提供を受けて今は良かった」

 生後半年の赤ちゃんを育てているRさんです。「卵子提供を受ける前はとても悩んだけれど、今は良かったと思っています。あの時、卵子提供を受けなければ、今もずっと後悔して生きていたと思います。妊娠中は『(生まれる子を)愛せるかな?』などと不安にもなりましたが、赤ちゃんが生まれて一緒に過ごすうちに、そのような気持ちはなくなり、半年たった今では、もしこの子に何かあれば自分の身を犠牲にしてもこの子を助ける! そんな気持ちでいっぱいです」と、涙を流しながらお話しして下さいました。

卵子提供で生んだ子「愛せるかな?」 不安な気持ちも今では…

卵子提供で産んだ娘のために、AさんがDIYで作ったおままごとキッチン(Aさん提供)

 写真は、2歳の娘さんを育てているAさんがDIYで作ったおままごとキッチンです。「娘におままごとキッチンを作ってあげて、一緒に遊ぶのが夢だった」とのことです。すてきなキッチンですね。

 「告知をするのかしないのか悩んでいましたが、自助グループがあることを知り、告知についても前向きに考えたいです」。このような声も増えています。

 私は、卵子提供でお子さんを授かった方とたくさんお話をしていますが、みなさん、「産んで良かった」とおっしゃいます。とても大切にお子さんを育てているんだなぁと感じることが多いです。卵子提供だから何か特別な育て方があるということではなく、至って普通に暮らしています。

良い親子関係があっての告知

 卵子提供の研究をしている先生から以前、このようなことを言われました。「親子の関係を良くするために告知するのではなく、良い親子関係があっての告知だよ」という言葉でした。目からうろこでしたね。今でもこの言葉は、私の心のど真ん中にある素敵な言葉です。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

nakasatomi_prof_ver2

なか さとみ

 1971年生まれ。吉本興業所属芸人。2015年より不妊治療をしたが妊娠に至らず。卵子提供で2人の子どもを出産。19年1月10日、日本で初となる当事者による卵子提供自助グループ「アン・ネフェ」を発足。自身の経験をもとに発足以来、延べ200人以上の相談を受けている。

なかさとみ「吉本芸人 卵子提供で2人のママに」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事