文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

コロナ禍とがん<4>体重管理は治療の一環

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「あともう少し、頑張りましょう」

 トレーニング器具が設置された東京都内のクリニックの一室。乳がんを患った千葉市の山本和美さん(52)が筋肉トレーニングに汗を流していた。指導するのは、健康運動指導士の奥松功基さん。今年4月、乳腺専門クリニック「マンマリアツキジ」(東京都中央区)に通う乳がん患者向けに、運動指導を始めた。乳がんは治療後、過度に体重が増えると再発や死亡のリスクが高まるとされ、体重管理は治療の一環でもある。

コロナ禍とがん<4>体重管理は治療の一環

奥松さん(左)の指導を受けながら、筋肉トレーニングに励む山本さん(東京都中央区で)

 奥松さんは、スポーツ医学が専門で、乳がん患者の健康支援を研究している。コロナ禍で運動不足になった患者から要望が増え、開始から約半年でのべ約500人に指導した。「患者さんも、心身の体調の維持に運動が重要です」と話す。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事