文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

同僚をクレーンでつるし、川に入るよう促して死亡させる…建設作業員を再逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今年10月、工事現場で働く同僚の男性をクレーンでつるし、川に入るよう促して死亡させたとして、鹿児島県警は1日、同県鹿屋市、建設作業員山下昌司被告(43)を傷害致死と暴行の容疑で再逮捕した。県警は認否を明らかにしていない。

同僚をクレーンでつるし、川に入るよう促して死亡させる…建設作業員を再逮捕

鹿児島県警

 県警によると、山下被告は10月6日午前、同県薩摩川内市の資材置き場で、同県曽於市、建設作業員小森一郎さん(当時50歳)をトラックのクレーンでつるして振り回すなどの暴行を加え、午後には、薩摩川内市の川内川河川敷で小森さんに川に入るよう指示し、溺死させた疑い。

 山下被告は11月、小森さんに対して8月に行った別の暴行容疑で逮捕、起訴されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事