文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

3回目接種の「6か月後」への前倒し、1自治体で了承

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 後藤厚生労働相は1日、新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生した1自治体について、「3回目の追加接種を(2回目から)6か月後に前倒しして行うことを認めた」と述べた。助言機関の会合で明らかにした。

3回目接種の「6か月後」への前倒し、1自治体で了承

後藤厚生労働相

 厚生労働省は、2回目と3回目の接種の間隔を原則8か月以上としている。ただし、クラスターが発生した医療機関や高齢者施設の利用者や従業員らについては6か月に前倒しできるとしており、市町村に事前に相談するよう求めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事