文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

飼い主が亡くなってもホームの部屋から出ない「ムギちゃん」 猫付きの部屋に新しい入居者が…どうなった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

大山さんの居室が自分の世界だったムギちゃん

id=20211130-027-OYTEI50006,rev=2,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

新たに入居した吉川さん(仮名)とムギちゃん

 これまでに、飼い主である入居者がペットを残して逝ってしまったケースは、猫で2件、犬で2件ありました。その全ての場合で、猫たち、犬たちの生活拠点は、飼い主さんの居室からユニット(区画)のリビングへと移りました。まあ、猫も犬もユニットの中では自由に過ごしており、全ての入居者の部屋にも自由に出入りしていますので、生活拠点がどこであろうとあまり影響はないのですが。特に猫たちは気まぐれで、いろいろな部屋のベッドで寝たりしています。

 それでも、生活拠点たる基本的な居場所は決まっています。ホームの飼い猫、飼い犬の場合はリビングで、高齢者の愛猫、愛犬は飼い主さんの居室です。しかし、ホームの飼い猫となったムギちゃんだけは、特定の居室が生活拠点になったのです。いいえ、単なる生活拠点ではありません。他の猫と違い、ムギちゃんにとっては大山さんの居室だけが自分の世界だったのです。

 新しい入居者が、ムギちゃんと一緒の部屋で納得してくださるかどうか、普通なら大変気になるところです。しかし、私たちは全く心配していませんでした。なぜなら、次に入居する予定の、吉川良子さん(仮名、90歳代女性)は、昔、30匹以上の保護猫を飼っていることが新聞で取り上げられたほどの大の猫好きだったからです。ご自身が70歳代になってからは猫と暮らすことを諦めており、もう一度、猫と一緒に暮らしたいと熱望されて、「さくらの里山科」への入居を望んでいたのです。そんな方ですから、入居する部屋に猫がいついていることを、大喜びすることはあっても、嫌がることはないだろうと私たちは思っていました。

 予想通り、ムギちゃんがいる部屋に入居することになると聞いた吉川さんは、とても喜ばれたそうです。喜び勇んで入居された吉川さんとムギちゃんは、最初に出会った瞬間から仲良しになりました。

 誰もいない部屋(職員は入れ代わり立ち代わり訪れていましたが)で1週間過ごしたムギちゃんは、寂しかったのでしょう。すぐに吉川さんに寄り添っていました。吉川さんが寝れば、そのおなかにぴたりとくっついて丸くなっていました。その姿は、まるで何年も一緒に暮らしてきたパートナーのようでした。

 天の上から見ている大山さんは焼きもちを焼いているかもしれません。それほど吉川さんとムギちゃんは仲良くなっています。吉川さんが居室にいる時はいつも一緒です。でも、きっと大山さんも、地上に置いてきてしまった愛猫のムギちゃんが幸せに暮らしているのを見て、喜んでいるに違いありません。大山さんから吉川さんに、「命のバトン」は確かにつながったのです。

 (若山三千彦 特別養護老人ホーム「さくらの里山科」施設長)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

私もここに入りたい

桃太郎のママ

文福君の話もそうだし、涙なしでは読めません。動物は飼い主を全力で愛してくれます。ペットと言いたくないです、家族です。年を取ったら一緒にいられなく...

文福君の話もそうだし、涙なしでは読めません。動物は飼い主を全力で愛してくれます。ペットと言いたくないです、家族です。年を取ったら一緒にいられなくなるなんて考えたくないので、今からここを予約しておきたいくらいです。高齢者とペットの問題は社会的な問題にもなっているので、こういう施設がもっと増えてくれることを希望します。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事