文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[歌手 渡瀬マキさん](下)長男妊娠と同時に子宮頸がんの疑い…無事出産し、全感情が子供に向かい音楽活動は休止、バンドは解散

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 1990年に「今すぐKiss Me」の大ヒットでブレイクしたロックバンドLINDBERG(リンドバーグ)。渡瀬マキさんは元気いっぱいのボーカルとして注目を集めました。子供が生まれてからは、一転して子育てに集中するため専業主婦に。ベストマザー賞に選ばれたこともあります。バンドは解散を経て2014年に再結成。昨年から今年1月にかけて新型コロナ禍の中でなんとか30周年ライブを敢行しました。しかし元気いっぱいなのは渡瀬さんの顔のひとつ。来年は下の子供も大学生、その間には、いろいろとありました。出産や子育てなどについてお聞きしました。(聞き手・渡辺勝敏、写真・中山博敬)

子供を産んで、私の全細胞、全血液が子供に向かった

――リンドバーグで活動していた1997年、28歳の時にバンドのギタリスト平川達也さんと結婚されましたが、気持ちの変化はありましたか。

 結婚した時は正直に言って特に意識することはなかったんですが、子供を産んで、私の中で全てが変わりました。いつかは親になるだろうぐらいに思っていて、自然に妊娠して、出産し、出産後も復活ライブの予定とか仕事のスケジュールががっちり決まっていて、それをやっていくんだろうなと考えていました。でもそんな甘いものではなかった。

 いざおなかの中で十月十日育てた子供が出てきたら、私の全細胞が、全血液が、全感情が、この子1人に向かうわけですよ。どっぷりとその中に身を置きたくなる。子供のそばにいたい。母親としてごく自然な気持ちです。乳飲み子を育てながら仕事をするって並大抵のことではありません。そんな心身でステージで歌うなんてとてもじゃないけど出来なかった。葛藤の日々でした。

――99年に長男を出産し、2002年にリンドバーグを解散して、翌年には2人目になる女の子を出産されました。妊娠、出産は順調でしたか。

 長男を妊娠してから産婦人科の検査で子宮 (けい) がんの疑いと言われたんですよ。子宮の入り口の一部分だけを切除して、いろんな検査を受けました。結局、がんではなかったんですが、臨月ぐらいまではっきりした結果がわかりませんでした。だから妊娠期間中はずっと不安を抱えていて、妊婦ライフのほとんどを検査と結果待ちで過ごしたように思います。臨月の頃には切迫流産で入院もしましたし、1人目はそういうことが大変でした。

専業主婦になって育児に全力…楽なもんじゃない

――出産してからは、育児に専念ということで仕事から離れましたが、仕事のない生活はいかがでしたか。

 有難かったです。専業主婦になったわけですけど、子供と100%向き合えるんですから。でも、本当に奮闘していましたね。1人目って、どうしていいかわからない。寝かしつけたら、シーッて静かにして、自分は音を立てないように全然動かない。つまり何にも家事がはかどらない(笑)。ガチャガチャした中でも平気で寝られるようにしておけばよかったんですけどね……たくさんの失敗から学びましたね。

 母乳ですが、長男の時は仕事の予定が決まっていたから泣く泣く断乳。それがとても不完全燃焼だったから、2人目は絶対に出なくなるまで母乳だと思っていたんですけど、娘は早い段階から離乳食へと移行しましたね。思い通りにはいかないのが子育てです(笑)。長男は幼稚園に年中さんから通わせました。「君も社会勉強が必要だからね」というつもりでした。

――そんなに集中して育児に取り組むと、精神的にも大変だったでしょうね。

 育児ノイローゼになってしまうのはとても理解できます。楽しいことだけじゃないですからね。何をしても泣きやんでくれない時ってあるでしょ。もう、そんな時はこちらもまいります。ホルモンのバランスは崩れる。寝られない。精神的に不安定でしょ。子供と一緒になって私も大声でわんわん泣くようなことが多々ありました。でもね、子供がこちらの言うことを理解して意思疎通ができ始めたとたん、一気に楽になりましたね。「通じ合えるってすごいぞ!」って思ったのを覚えています。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事