文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

鶏肉のニンニクトマト煮…香りが食欲を刺激

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ご飯がすすむ最高のおかずレシピ「鶏肉のニンニクトマト煮」のご紹介です。

 作っている時からいい香りがして、食欲を刺激します。給食で提供した際は、子どもたちの「おなかすいたー! 何このいい香り! 早く食べたい!」の声が学校中から聞こえてきます。

 香りのポイントは、ニンニクのスライスです。オリーブ油でスライスニンニクをいためることで、香りを引き出します。鶏肉は、弱火で放置するように煮ることで、ホロホロの食感になります。時間があるときに、ぜひ試してみてください。

 さて、今回は、そんなニンニクの力に注目をしてみましょう。ニンニクにはビタミンB1が含まれています。ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える力があります。さらにビタミンB1は、ネギ類に含まれている香り成分の硫化アリルと結合することで、アリチアミンという物質にかわり、ビタミンB1の効果を持続させてくれます。

 煮込み時間は10分ほどでもいただけますが、できたら落とし蓋をして弱火で40~60分以上煮ることができると、ホロホロの食感になります。弱火で放置している間にサラダを用意したり、他の家事をして過ごすと良いかもしれません。おいしいトマト煮を楽しみましょう。

[作り方]

(1) ニンニクはスライスにしておく。鶏肉は食べやすい大きさに切る(唐揚げ用を選ぶと便利)。衣用の小麦粉をておく。

(2) フライパンを強火で加熱、オリーブ油を入れてから鶏肉とニンニクをいためる。あまり肉は動かさずに、表面を衣でコーティングするように火を入れる。ニンニクが焦げそうな場合は、鶏肉の上に置いて避難させる。

(3) 鶏肉の全ての面に焼き目が付いたら、トマトカットパックと(A)の調味料を入れる。フライパンの上から、おろし金でタマネギをすりおろす。アルミホイルで落とし蓋をして、強火で一煮立ちさせたら弱火~中火の火加減で10分煮て完成(軟らかく煮るには、さらに40~60分ほど弱火で煮る)。

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事