文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

コロナ禍とがん<3>患者の不安 対話で解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
コロナ禍とがん<3>患者の不安 対話で解消

「Tomopiia(トモピーア)」の本格運用を目指して準備を進める重村さん(左)ら(東京都港区で)

 大阪市の女性会社員(47)は昨年2月に受けた検診で、卵巣がんが見つかった。「ふだんから婦人科には通っていたのに、なぜ」。自覚症状は全くなかった。

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が出された4月、市内の病院で子宮と卵巣を摘出する手術をした。5月半ばからは、働きながら抗がん剤治療を受けた。新型コロナに感染したら困ると考え、人との接触は極力避けた。

 余計な気遣いはされたくない。がんのことは、家族や会社の上司など、一部の人にしか伝えなかった。薬の副作用で髪の毛は抜けたが、もとの髪形と似たウィッグが見つかり、気づく人はいない。体調が悪くても、つらい思いを誰にも打ち明けられなかった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事