文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

「自分はダメな人間だ…」と思ったら…自己肯定感を高める工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「自分はダメな人間だ…」と思ったら…自己肯定感を高める工夫

   また、上司に怒られちゃった。

  ヨミドック  さっきから浮かない顔をしていたのは、そのせいですか。

   俺は、本当にダメな人間だ……。

   そんなに落ち込まなくてもいいでしょうに。自分のことを大切に思ってください。自己肯定感を高めましょう。

   ジココーテイカン?

   自分のことを肯定的に受け止める気持ちのことです。

 自己肯定感が低い人は、「自分は何もできない」「どうせ次も失敗する」「生きている価値がない」などと考えがちです。抑うつ状態である可能性もあります。

 でも「失敗しちゃったけれど、次に頑張れば大丈夫」と思えるようなら、自分の存在までは否定していないでしょ。

   そういうふうに考えられればいいけど。

   自分の悪い所ばかり見つけるのではなく、良い所を探すようにしましょう。きっとありますよ。仕事や日常生活で嫌なことがあっても、必ずしも自分のせいではない。完璧な人なんていません。誰だって失敗はする。何事も完璧にこなそうと思う必要はありません。「誰にでも起こることが、自分に起きただけ」と考えましょう。

自己肯定感を高めるには?…気分転換 良い所探す

   どうして何事も悪い方向に考えちゃうのかな。

   子どもの頃の成育環境が影響している可能性があります。自分の考えを大人に受け入れてもらえず、大人に決められた通りの道を歩んできてしまうと、自主性は育まれず、自信がつきません。自信が持てないと、自分のことを肯定的に捉えることができなくなってしまいます。

 日本の子どもは、ほかの国の子どもと比べて、自己肯定感が低く、思春期にかけて下がり続ける傾向があると言われています。

   思い当たることがあるよ。こんな性格変えるの、もう手遅れ?

   「ダメだ」と思う自分を否定せず、受け入れましょう。それで気持ちが楽になることもあります。考えるのをやめて、気分転換をしてみましょう。好きなことをしたり体を休めたり。心身ともにリラックスすることが大切です。

 悩んでいたことがどうでもよく思えたり、自分を卑下することはないと考えが変わったりするかもしれません。

 (利根川昌紀/取材協力=古荘純一・青山学院大教授、諸富祥彦・明治大教授)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事