文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「オミクロン株」対応、塩野義がワクチン開発検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスワクチンを開発している塩野義製薬は29日、新たな変異株「オミクロン株」に対応するワクチンの開発を検討していることを明らかにした。

「オミクロン株」対応、塩野義がワクチン開発検討

塩野義製薬の手代木功社長

 オミクロン株の影響が世界的に懸念されることから、塩野義はこの新たな変異株についてもワクチンのもととなるウイルスのたんぱく質の一部を製造する準備を始めた。

 塩野義は開発中のコロナワクチンについて2021年度中の供給開始を目指している。読売新聞の取材に対し、担当者は「開発中のワクチンが最優先だが、将来的に新たなワクチンが必要になる可能性に備える」と話した。

 塩野義のワクチンは「遺伝子組み換えたんぱくワクチン」と呼ばれるタイプで、人工的に作ったコロナウイルスのたんぱく質の一部を体内に注射することで、免疫を誘導する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事