文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

オミクロン株、欧州に拡大…南アからのオランダ便で集団感染か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ロンドン=池田慶太、ブリュッセル=畠山朋子】南アフリカなどで見つかった新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が拡大している。欧州諸国のほか、オーストラリアで初めての感染者が出た。英国がマスク着用を義務化するなど、各国は対策を一段と強め始めた。

オミクロン株、欧州に拡大…南アからのオランダ便で集団感染か

 欧州では、26日にベルギーで初めてオミクロン株への感染が確認されたのに続き、英政府は27日、国内で2人の感染が確認されたと発表した。アフリカ南部への渡航に関連しており、2人と家族は自主隔離している。

 オランダ公共放送NOSによると、オランダ保健当局は28日、南アからアムステルダムに到着した航空機2便の乗客のうち、13人にオミクロン株の感染が確認されたと発表した。航空機は26日に到着した。乗客計61人に新型コロナの陽性反応が出て、当局が詳細を調べていた。

 欧州はアフリカとの人の往来が活発で、オミクロン株の感染者は更に増える可能性が高い。

 ロイター通信などによると、28日までに、ドイツでは南部バイエルン州などで3人の感染が確認された。イタリアでは、11日にモザンビークから帰国した人の感染が確認された。チェコやデンマークでも感染者が出た。

 オーストラリアのニューサウスウェールズ州は28日、アフリカ南部から最大都市シドニーに到着した2人に感染が確認されたと発表した。27日にカタールのドーハ経由で到着したという。

 英国のジョンソン首相は27日の記者会見で、人口の大半を占めるイングランドで、店舗内や公共交通機関などでのマスク着用を義務化する方針を表明した。水際対策も強化し、英国への全ての入国者にPCR検査を義務づけ、陰性が確認できるまで自主隔離させる。英国は7月に法的なコロナ規制をほぼ撤廃し、「コロナとの共生」を目指して経済活動を再開させていたが、新型変異株の出現で修正を余儀なくされた。

 ジョンソン氏はオミクロン株について、「感染拡大のスピードが速く、2回ワクチンを接種していても感染することもあり得るようだ」と述べた。規制強化は「一時的で予防的な措置」で、3週間後に再検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事