文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

「コロナとの共生」進めていたが…英でオミクロン株の感染者確認、マスク着用義務化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「コロナとの共生」進めていたが…英でオミクロン株の感染者確認、マスク着用義務化へ

記者会見する英国のジョンソン首相(27日)=AP

 【ロンドン=池田慶太】英政府は27日、新型コロナウイルスの新たな変異種「オミクロン株」の感染が国内で2人確認されたと発表した。ジョンソン首相は記者会見で、人口の大部分を占めるイングランドでマスク着用を義務化するなど、法的なコロナ規制を再導入する方針を明らかにした。

 新型変異株の感染は、英南東部ブレントウッドと中部ノッティンガムで1人ずつ確認された。アフリカ南部への渡航に関連しているという。2人と家族は自主隔離している。

 規制の再導入は新型変異株の検出が国内外で相次いでいることを受けた措置で、店舗内や公共交通機関でのマスク着用を義務づけるほか、英国へのすべての渡航者にPCR検査を義務づけ、陰性が確認できるまで強制的に自主隔離させる。新型変異株の感染者と濃厚接触していれば、ワクチン接種完了の有無にかかわらず自主隔離が必要となる。

 ジョンソン氏はオミクロン株について、「感染拡大のスピードが速く、2回ワクチンを接種していても感染することもあり得るようだ」と述べ、「一時的で予防的な措置」として規制の再導入に理解を求めた。一方、規制の導入時期については明らかにせず、近く説明すると述べるにとどめた。

 英国は7月に新型コロナの法的規制をすべて解除し、「コロナとの共生」を進めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事