文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

米NY州で非常事態宣言、コロナ再拡大の兆候…知事「オミクロン近づいてきている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ニューヨーク=寺口亮一】米ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事は26日、新型コロナウイルスの感染が再び拡大するおそれがあるとして、非常事態を宣言した。医療機関の対応能力を強化するため、12月3日から、不要不急の医療行為を州保健当局が制限できるようになる。

米NY州で非常事態宣言、コロナ再拡大の兆候…知事「オミクロン近づいてきている」

ニューヨーク中心部のタイムズスクエア周辺

 ホークル氏は「この冬、感染が拡大する兆候がある。新たな変異株『オミクロン』はまだ州内で確認されていないが、近づいてきている」と警告した。医療行為の制限などは行政命令に基づくもので、来年1月15日に感染状況を踏まえて継続するかどうかを判断する。

 同州では昨年3月に非常事態宣言を出し、感染が沈静化したため今年6月に解除していた。米紙ニューヨーク・タイムズの集計では、1週間平均の新規感染者数は6~7月に一時300人台に下がったが、最近は6000人台が続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事