文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

コロッケのトマトソース煮…比較的安く、エネルギーアップにおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回は、市販のお総菜のコロッケを使用したメニューのご紹介です。コロッケは少量でエネルギーが摂取でき、比較的安く購入できるので、在宅で暮らす方のエネルギーアップにおすすめする一品です。

 もちろんそのまま温めて食べてもおいしいのですが、中には「コロッケのパサつきが飲みこみにくい」と相談されることもあります。高齢の方は唾液の量が減っていたり、薬の影響で口の中が渇いていることもあり、パサつきやすいイモ類などが、食べにくく感じることがあります。このような場合、対応策のひとつとして、今回のレシピのように、煮込むことで適度な水分を含ませる方法があります。こうすることで不足している唾液を補うことになり、しっとりと食べやすくなります。

 また、コロッケだけで食べるよりも、ツナとチーズ、野菜の栄養もとることができます。今回はタマネギを加えましたが、キャベツやブロッコリー、ニンジンなど、冷蔵庫に少し残っている野菜を加えてもOKです。

 まもなくやってくるクリスマスの一品にも使えるメニューではないでしょうか。

[作り方]

(1) タマネギは3mm幅の短めの短冊切りにする。スライスチーズは細かく裂いておく。

(2) 鍋に分量の水、タマネギを加えて蓋をして軟らかくなるまで煮る。

(3) タマネギが軟らかくなったら(A)の調味料とツナ、チーズを加えてさらに5分ほど煮る。

(4) 最後にコロッケを加えて、さっと煮込んでできあがり。粉パセリを振りましょう。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事