文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

新たな変異株が6か国で流行、英国への航空便乗り入れ一時禁止…デルタ株より強い感染力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ロンドン=池田慶太】英政府は25日、南アフリカなどで新型コロナウイルスの新たな変異株が流行しているとして、南アなどアフリカ南部6か国から英国への航空便の乗り入れについて、26日正午(日本時間同日午後9時)から一時的に禁止すると発表した。

新たな変異株が6か国で流行、英国への航空便乗り入れ一時禁止…デルタ株より強い感染力

新型コロナウイルス

 英BBCなどによると、対象は南アのほか、ナミビア、ジンバブエ、ボツワナ、レソト、エスワティニの各国。サジド・ジャビド保健相は記者団に対し、新たな変異株はインド由来の変異ウイルス「デルタ株」よりも感染力が強く、「現在のワクチンがより効きにくいかもしれない」と述べた。

 英国の保健衛生当局がウイルスについて調査中の段階で、航空便の乗り入れ禁止は「予防的措置」と説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事