文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

福井尚志「ひざの痛み 自力で解消」

医療・健康・介護のコラム

年齢とともに変化する膝関節 痛みで困っている人も全く平気な人も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今回は連載2回目です。前回は年齢に伴う膝の痛みや違和感について書きましたが、今度は膝の構造と年齢による変化、それと痛みの関係について説明したいと思います。

膝関節の構造は4-2-4

年齢とともに変化する膝関節 痛みで困っている人も全く平気な人も

イラスト・なとみ みわ 福井尚志・深代千之監修「東大教授が本気で教える『ひざの痛み』解消法」(中央公論新社)より引用

 膝関節はおもに骨、半月、 靭帯(じんたい) によって構成されています。膝の構造を説明するときに、私はよく4-2-4と説明します。初めの4は骨が四つあること、2番目の2は半月が二つ、3番目の4は靭帯が4本あることを意味します。

 まず骨ですが、膝は太ももとすねをつなぐ関節ですから、四つの骨のうち三つは太ももの骨とスネの骨になります。太ももの骨は1本で 大腿骨(だいたいこつ) という名前ですが、スネの骨は太い骨と細い骨の2本あって、太い方は (けい)(こつ) 、細い骨は ()(こつ) と呼ばれます(注)。四つめの骨は膝のお皿の骨で 膝蓋骨(しつがいこつ) と呼ばれます。

 四つの骨のうち、体重を支えるのは主に大腿骨と脛骨です。膝蓋骨には、太ももの前にある大腿四頭筋という大きな筋肉がつながっています。大腿四頭筋は膝を伸ばす筋肉です。ですから、体重をかけながら膝を曲げたり伸ばしたりするときには、膝蓋骨に大きな力が働きます。

軟骨を守る半月、骨をつなぐ靭帯

 半月は、大腿骨と脛骨の間に挟まる軟骨性の板で、上から見るとCの字の形をしていて、膝関節の内側と外側にそれぞれ一つずつあります。大腿骨の骨の下の部分は丸い形をしているのに対し、脛骨の上の部分はほぼ平らな形をしています。このため、この二つの骨が接するところは面積がすごく小さくて、そのままだとその狭い面積に体重が集中してしまって、表面の軟骨があっという間にすり減ってしまいます。半月の一番の役割はこれを防ぐことです。半月は大腿骨と脛骨の隙間を埋めるような形をしていて、二つの骨の接触する面積を増やして体重をより広い面積で受け止めることで軟骨を守る働きをしています。

 次は靭帯。靭帯という名前は知っていても、それがどういう組織かを知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。靭帯は関節を作る骨の間をつなぐヒモのような組織で、骨同士がぐらぐらしすぎないようにつなぎとめています。関節がヘンにグラグラせず、安定して動かせるのは、靭帯のおかげです。膝関節の場合、関節の内側と外側に1本ずつ、関節の中央に2本、合計4本の靭帯が大腿骨と脛骨をつないでいます。この4本の靭帯のおかげで、大腿骨と脛骨は前後左右にずれることなく曲げ伸ばしをすることができるのです。

 大腿骨と脛骨の表面、それに膝蓋骨の裏がわ(後面)は関節軟骨で覆われています。軟骨の厚さは3~5ミリ程度と薄い組織ですが、骨同士がスムーズにこすれ合うために、また体重を受け止めるクッションとしても、とても大事な組織です。

(注)正確に言うと、腓骨は膝関節を直接、構成している骨ではありませんが、ここでは一緒に紹介しています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fukui-naoshi_prof

福井 尚志(ふくい・なおし)
東大教授が本気で教える 「ひざの痛み」解消法

 東京大学大学院総合文化研究科教授。

 1960年生まれ。東京大学医学部卒。整形外科専門医。医学博士。独立行政法人国立病院機構相模原臨床研究センター客員研究員。日本整形外科学会、国際変形性関節症学会会員。ひざ関節の疾患を専門とし、特に変形性ひざ関節症については20年以上にわたって研究を続けている。
 『東大教授が本気で教える 「ひざの痛み」解消法』(中央公論新社、1540円)を監修。

福井尚志「ひざの痛み 自力で解消」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事