文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森本昌宏「痛みの医学事典」

医療・健康・介護のコラム

「五十肩」と思っていたら…自然には治らない痛み 疾患が潜むことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 Hさん(48歳、男性)は「夜に寝とっても右肩が痛とて、寝返りも打てないんですわ」として私の外来を受診された。ゴルフが大好きで、週に1回は必ずコースに出て、その腕前はシングルとのことであった。「なんとかクラブは振れるんやけど、最近のスコアはさんざんですねん」と付け加えられた。

 まずは肩関節の可動域(動かせる範囲)を確認することから診察を開始したが、なるほど、左肩関節に比べて、右の可動域は著しく制限されていたのである。Hさんには右肩関節のMRI(磁気共鳴画像)撮影の予約をとり、近所の方から教えられたとする“アイロン体操”を中止するように説明した。

靭帯による補強が極めて弱い関節

「五十肩」と思っていたら…自然には治らない痛み 疾患が潜むことも

 さて、ひとくちで肩関節とは言っても、肩には5つの関節があるのだ。それぞれの関節は、肩甲骨、上腕骨、鎖骨と呼ばれる3つの骨をつないでいる。肩甲上腕関節(“狭い意味での肩関節”であり、肩甲骨と上腕骨頭との間にある)、 (けん)() 関節(肩甲骨の肩峰と鎖骨の間)、胸鎖関節(胸骨と鎖骨の間)、 (けん)峰下(ぽうか) 関節(肩甲骨の肩峰の下にあり、第2肩関節とも呼ばれている)、肩甲胸郭関節(肩甲骨と肋骨の間)に分けられる。これら5つから構成されている“広い意味での肩関節”は、体中に存在する多くの関節なかで最大の可動域を有している。しかし、他の関節に比べると 靭帯(じんたい) による補強が極めて弱いので、その代りを筋肉が補強している、という特徴を持っているのだ。

 したがって、加齢による劣化やケガ、長年の使い過ぎなどによって、容易に関節周囲に痛みを生じる。これらのうちで原因が明らかでないものは「五十肩」として広く知られているが、その他にも「 腱板(けんばん) 断裂」、「インピンジメント症候群」、「石灰沈着性腱板炎」なども多く発生している。これらでは五十肩とは異なって、画像診断などで明らかな異常があり、近所のおばちゃんが言うように「ほっとけば治るで」とはならないのだ。

腱板断裂…動かそうとした「瞬間」に痛み

 上腕骨頭を前、上、後方から覆っている4つの筋肉(肩甲下筋、 (きょく) 上筋、棘下筋、 小円(しょうえん) 筋)の腱は合体して1つの腱になるが、この部分を「腱板」と呼ぶ。4つの筋肉は基本的には肩を回旋させる役割を担っているが、運動時に磨耗、損傷を受けやすく、断裂に至るのである。なお、この場合の痛みは、断裂そのものではなく、二次的に生じる「肩峰下 (かつ)(えき)包炎(ほうえん) 」(関節を包んで粘り気のある液を分泌している袋の炎症)によるものであり、腕を動かそうとした瞬間や、夜間に患部の側を下にして寝ている時に痛みが強くなる。断裂したところが硬くなると、「コクッ」とした音が鳴る。MRIや超音波が診断に有用だ。

 ペインクリニックでは、鎮痛薬の処方に加えて、関節内へのヒアルロン酸ナトリウムや局所麻酔薬の注入、肩甲上神経ブロックなどの治療を行っている。しかし、若く、よく動き回られる方で、筋力低下が起こっている場合には完全断裂となっていることがあり、整形外科での鏡視下縫合術(関節鏡を用いた手術)を選択すべきである。

 Hさんは、MRIで腱板に部分断裂があることが判明した。週1回の関節内注入と肩甲上神経ブロックを計5回行い、原則その間は安静を守ること(ゴルフは我慢ですよ)とした。その結果、5週間後には「夜間の痛みがなくなり」、その後「スコアが徐々に持ち直した」とのことである。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morimoto-masahiro

森本 昌宏(もりもと・まさひろ)

 大阪なんばクリニック本部長・痛みの治療センター長。
 1989年、大阪医科大学大学院修了。医学博士。同大学講師などを経て、2010年、近畿大学医学部麻酔科教授。19年4月から現職。日本ペインクリニック学会専門医、名誉会員。日本東洋医学会指導医。著書に『ペインクリニックと東洋医学』『痛いところに手が届く本』ほか多数。現在、大阪市北区の祐斎堂森本クリニックでも診療中。

森本昌宏「痛みの医学事典」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事