文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

プーチン露大統領、鼻からワクチン投与…「試したが何の問題もない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【モスクワ=工藤武人】ロシアのプーチン大統領は24日、新型コロナウイルスの自国製ワクチン「スプートニクV」を鼻から投与する「点鼻型」の追加接種を受けたことを明らかにした。ロシアでも未承認だが、国立研究所が開発を急いでおり、将来的には輸出も計画しているという。

プーチン露大統領、鼻からワクチン投与…「試したが何の問題もない」

プーチン大統領

 プーチン氏は接種が1回で済む「スプートニク・ライト」の注射を21日に受け、翌22日に点鼻型を接種したという。プーチン氏は閣僚らとのオンライン形式の会合で、「追加接種で2種類を試したが何の問題もない。24日朝にはスポーツもした」と語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事