文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

覚醒剤練り込んだ木炭24トン、段ボール2・4万箱密輸…中古品買い取り会社社長ら逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 覚醒剤を練り込んだ木炭約24トンを所持したとして、警視庁は25日、ベトナム国籍の中古品買い取り会社社長(43)(浜松市)とブラジル国籍の男4人(28~54歳)を麻薬特例法違反(規制薬物としての所持)容疑で逮捕したと発表した。木炭はトルコから密輸され、覚醒剤の含有量は不明。警視庁は、海外の犯罪組織が関与した大規模な密輸事件とみている。

覚醒剤練り込んだ木炭24トン、段ボール2・4万箱密輸…中古品買い取り会社社長ら逮捕

警視庁が押収した覚醒剤が練り込まれた木炭(警視庁提供)

 発表によると、5人は17日、トルコから船便で送らせた木炭約24トンに覚醒剤が練り込まれていると知りながら、浜松市西区にある社長の会社作業場で受け取った疑い。逮捕は17日と24日。いずれも容疑を否認している。

 段ボール2万4000箱に入った木炭がコンテナ2台に積まれ、9月にトルコから発送された。10月に東京都大田区のコンテナふ頭に到着し、東京税関の検査で覚醒剤成分が検出された。今後、木炭を鑑定し、覚醒剤の含有量を調べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事