文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

シニアとお金

医療・健康・介護のコラム

「持ち家」か「賃貸」か…老後の住まい選びのポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
老後の住まい選びのポイントは?…年間費、暮らしやすさを考慮

 子どもの独立や自動車の免許返上などで、愛着のある郊外の戸建てから、駅などに近く、利便性の高いマンションに住み替えるべきか、悩む人もいるだろう。

 老後の住まいを考える上でのポイントは、自宅が持ち家なのか、賃貸なのかで異なる。

 2021年版「高齢社会白書」によると、65歳以上のいる世帯の8割は持ち家だ。原則として家賃がかからず、戸建てなら管理費も不要なため、可能なら長く住み続けたいと希望する人も多い。

 ただ、ファイナンシャルプランナーの大沼恵美子さんは「老朽化した設備の修繕や、浴室の寒暖差で体調不良を引き起こす『ヒートショック』対策の工事、手すりの設置といった改修が必要になるケースが多い」と指摘する。一般社団法人「住宅リフォーム推進協議会」の調査によると、70歳代以上が住む戸建て住宅の改修費用は300万円以下が約5割を占めるが、築年数が古いほど、改修費用は高額になる傾向がある。

 要介護認定を受けている人は、介護保険の住宅改修費支給制度や、自治体の補助制度を利用できる場合もある。対象や条件などを確認しておきたい。

 一方、賃貸の利点は、高齢者施設への入居や家族との同居を考えている場合、住み替えしやすいことだ。大沼さんは「家賃や管理費、更新料などがかかるため、25年間で3500万円ほどが必要と見積もっておくといい」と分析する。

 注意点は、住居設備を修繕・改修したくても、所有者に工事の許可を得られない可能性があることだ。大沼さんは「転倒などで入院する危険もある。エレベーターや手すりのある物件や、階段の少ない低層階などを選ぶことが大切」と話す。職員による見守りがある、サービス付き高齢者向け住宅も選択肢の一つだ。

 大沼さんは「老後の住まい選びと、余裕のある生活のポイントは、早めに貯蓄や年金受給額に見合った住まいの予算やローンの計画、介護やバリアフリーの情報収集をしておくこと」と語る。リタイア前から高齢者向けの住宅施設を複数見学して、年間費用や暮らしやすさを比較しておくのも重要だ。(平井翔子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

senior_and_money_logo

シニアとお金

 「シニアとお金」では、年金や貯蓄、支出の見直しなど、長い老後を視野に入れながら賢く生活するための知識やヒントを紹介します。

シニアとお金の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事