文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」

介護・シニア

イデコに加入している主婦の7割が40~50代 老後の安心のために始めていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 前回の「 イデコとパスモ、どう違うの? 」という友人の発言を聞いて、「イデコ(iDeCo=個人型確定拠出年金の愛称)の認知度は、まだまだ低いなぁ~」と思いました。

 そこで、厚生労働省に取材に行くことにしました。「国として、主婦にイデコの情報を届けることについて、どうお考えですか?」と、質問をしたかったからです。

イデコに加入している主婦の7割が40~50代 老後の安心のために始めていた!

イラスト:平松昭子

加入している主婦の7割が40~50代

イデコに加入している主婦の7割が40~50代 老後の安心のために始めていた!
イデコに加入している主婦の7割が40~50代 老後の安心のために始めていた!

企業年金・個人年金課長の小野俊樹さんに取材

 対応してくださったのは、厚労省年金局企業年金・個人年金課長の小野俊樹さんです。今回の取材のために小野さんが作成してくれた資料の中に、興味深いものがありました。それが下のグラフです。イデコに加入している人の中で、主婦である可能性が高い国民年金の「第3号被保険者」のうち、40代が38.0%、50代が35.1%(2021年9月末時点)。つまり、イデコに加入している主婦の約7割が、40~50代なのです。

イデコに加入している主婦の7割が40~50代 老後の安心のために始めていた!

 私個人は、極度のパソコン音痴なので、「イデコ加入の画面操作が難しそう」という段階で転んでおり、加入には至っていません。40~50代は私と同世代。「きっと、私と似たような状況なはず……」と思っていたので、にわかに焦り始めました。

海外では「年金は世帯ではなく個人のもの」

 そんな私に追い打ちをかけたのは、イデコの加入者数の伸び方です。2017年1月、イデコに加入できる対象者が拡大され、主婦なども対象になりました。そこから毎年、どんどん伸びています。現在も月3万~4万人のペースで加入者が増えているそうです。

イデコに加入している主婦の7割が40~50代 老後の安心のために始めていた!

 小野さんお話の中では、「イデコの対象者に主婦を含むかどうかの議論」が印象に残りました。 (いわ) く、「最初は会社員として働いていた人が、出産などのライフイベントをきっかけに第3号被保険者になることもある。退職や転職によって途切れてしまうことがなく、主婦の方でも、“自分の年金”として続けていけるような私的年金制度が必要だ」と。

 日本では、年金が世帯ベースで語られがちです。けれども、欧米は、「年金はその人、個人のもの」という意識が高いと聞きます。日本も、高齢化やライフスタイルの多様化で、これからは、「個人で自分の年金を作る」という意識が高まっていきそうです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru_prof

楢戸 ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター
 1969年生まれ。大手商社に勤務後、90年代よりマネー記事を執筆。「誰もが安心してお金のことを学ぶ場」である「お金のリビング」を主宰。その入り口として、「ザックリ家計簿」ワークショップをオンラインにて開講中。詳しくはホームページ「主婦er」で。
 お金の記事だけでなく、「家族」や「暮らし」についてもコンテンツ更新中。

過去コラムはこちら

40代から備えよう「老後のお金」

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事