文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[意思決定]面会制限3<3>家族の思いを施設に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[意思決定]面会制限3<3>家族の思いを施設に

地元の水生植物園で過ごす梅本さん夫婦(2016年6月撮影、高男さん提供)

 妻の手のぬくもり、いのちの熱を感じたいと、大津市の梅本高男さん(79)は思う。認知症で特別養護老人ホームにいる妻の安子さん(78)の手を、もう1年8か月、握っていない。

 安子さんの 徘徊はいかい が始まり、2018年に入所を決めた。家電メーカーのエンジニアの仕事に没頭できたのも、妻のおかげだ。認知症に無知のまま介護を始め、「何回言ったら分かるのや!」「こんなこともできんのか!」と、 怒鳴どな ったことへの後悔もある。

 週4、5回、撮りためた2人の旅行写真を持って特養に通った。散歩し、一緒におにぎりの弁当を食べた。やがて、安子さんに以前の微笑が戻った。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事