文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

【独自】わいせつ保育士の再登録「最大10年禁止」に厳格化、厚労省が新制度案

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 わいせつ行為を理由に都道府県から登録を取り消された保育士について、厚生労働省が、再登録を厳格化する新たな制度案をまとめたことが18日、わかった。現行制度は、刑事事件化した場合でも刑の終了から2年が経過すれば再登録できるが、新制度では最大10年にわたり禁止する。

【独自】わいせつ保育士の再登録「最大10年禁止」に厳格化、厚労省が新制度案

厚生労働省

 児童福祉法は、保育士として働くには国家資格を取得後、都道府県への登録を義務づけている。

 刑法は禁錮以上の刑の終了後、10年で刑は消滅すると定めている。これに基づき、新制度では、保育士の再登録を禁止する期間を「禁錮以上は10年」「罰金は3年」にのばす。被害者の事情などで刑事事件化を見送った場合でも、都道府県がわいせつ行為を理由に処分した際は、再登録の禁止期間を「3年」とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事