文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

感染症流行時に薬・ワクチン迅速承認、厚労省が方針…要件緩和や期限設定など議論へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新たな感染症の大流行などの緊急時を想定し、政府が検討している医薬品の迅速承認の制度について、厚生労働省は、治療薬やワクチンなどの有効性を推定できれば可能とする仕組みをつくる方針を固めた。18日の専門家部会で議論を始め、年内に結論を出す。

感染症流行時に薬・ワクチン迅速承認、厚労省が方針…要件緩和や期限設定など議論へ

厚労省

 医薬品の承認は通常、有効性と安全性の両方を厳格に確認することが求められている。新たな仕組みでは、安全性は従来の基準で確認するものの、有効性については要件を緩和し、承認までの期間短縮につなげる考えだ。承認の有効期限を設けることや、使用開始後に有効性と安全性を改めて確認することなども盛り込む。

 政府は6月に、緊急時の医薬品承認制度を検討することを閣議決定していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事