文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

「5~11歳接種」早ければ来年2月にも開始…厚労省が通知

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスワクチンの5~11歳の子どもへの接種について、厚生労働省は、早ければ来年2月に始まる可能性があるとして、各都道府県などに接種体制の準備を行うよう文書で通知した。文書は11月16日付。

「5~11歳接種」早ければ来年2月にも開始…厚労省が通知

ファイザー製のコロナウイルスワクチン

 米ファイザーは、現在12歳以上を対象としているワクチンを5~11歳向けにも接種できるよう、10日、厚労省に承認を申請した。

 厚労省の通知では、ファイザー製が承認された場合、5~11歳では1回の注射量が少ないため、12歳以上のワクチンとは別の種類として明確に区別して扱うよう求めた。

id=20211117-249-OYT1I50049,rev=14,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

厚生労働省

 厚労省の専門家分科会は15日、11歳以下の子どもを接種対象とするかどうかの議論を始めたが、方針は固まっていない。委員からは「(接種を)受ける機会は担保すべきだ」とする一方で、子どもは感染しても重症化リスクが低いことから、「副反応のリスクについても情報提供が必要」と慎重な対応を求める声も出された。

 米国では3日、同社ワクチンの5~11歳への接種が始まっており、欧州各国も検討を進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事