文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」

医療・健康・介護のコラム

寒くなると体調を崩し、炭水化物や甘いものがほしくなる「冬季うつ病」を知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

寒い時期に生じやすい体内メカニズムの変化

 冬季うつ病は主に脳内の脳内伝達物質であるセロトニンの機能低下によって発症すると考えられています。しかもその機能低下の原因が冬季の日照量の減少であることが分かっています。

 目から入る太陽光は物を見るためだけではなく、一部は体内時計(脳内の ()交叉上核(こうさじょうかく) )を経由して交感神経を活発にし、血圧や心拍数を上げたり、セロトニン機能を維持したりするなど、さまざまな生体機能を調節しています。日が短くなる冬季には1日の日照量が減るため、健康な人でもセロトニン機能が低下しますが、冬季うつ病の患者さんはその度合いが大きいのです。とりわけ緯度が高い国・地域ほど冬季に日照量が減るため、北欧やカナダ、日本国内では北海道や北日本の日本海側での発症率が高いことが知られています。

 さて、なぜ冬季うつ病の患者さんは炭水化物や甘い物が食べたくなるのでしょうか? 簡単に説明すると、炭水化物や甘い物を食べて血糖値が上がると、 (すい)(ぞう) からインスリンが分泌され、その作用によってセロトニンの原料となるトリプトファンが脳に入り込みやすくなるのです。炭水化物や甘い物を食べたくなるのは、低下したセロトニン機能を補おうとして無意識に行う生体防御反応であると言えます。

不調の原因に気づきにくいので

 このように冬季うつ病は一般的なうつ病と異なり、日照量の減少という季節要因で発症する珍しいタイプのうつ病です。夏と冬で睡眠や食欲が大きく変化し、寒い季節になると生活に支障が出てしまう人が、成人の約2%程度いることが国内の調査で明らかになっています。ただし、冬季うつ病で医療機関を受診する人は多くありません。原因が日照量によって生じていると気付かず、人知れず我慢をしている人が大勢いると考えられています。

 意識的に外に出て太陽光をよく浴びることで症状が軽くなる人もいます。人工光を放つ装置を使って、毎日30分~1時間ほど光を浴びる高照度光療法という治療法もあります。また、うつ症状が強い場合には冬季間だけ抗うつ薬を活用するのもよいでしょう。この季節、原因不明の億劫さなどに悩まされているのなら、医療機関で相談することをお勧めします。(三島和夫 精神科医)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

photo_mishima-prof

三島和夫(みしま・かずお)

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授

 1987年、秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、スタンフォード大学睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。著書に『不眠症治療のパラダイムシフト』(編著、医薬ジャーナル社)、『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(共著、日経BP社)などがある。

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事