文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

血尿が2か月も止まらず

 2か月前から血尿が止まりません。検査を受けましたが、原因が分からず経過観察をしています。リウマチと気管支拡張症で薬を多く飲んでいます。このままでよいでしょうか。(64歳女性)

薬の影響か、がんの疑いも

大家 基嗣 慶応大学病院泌尿器科教授(東京都新宿区)

 血尿には、目で見て尿が赤いとわかる肉眼的血尿と、見た目は異常がなく顕微鏡で見ると血液が混ざっている顕微鏡的血尿があります。顕微鏡的血尿は、エコーと 膀胱ぼうこう 鏡の検査で異常がなければ経過観察でよいと考えます。しかし、肉眼的血尿が2か月続いているなら、原因をしっかりと突き止める必要があります。

 リウマチが血尿の原因になることがありますが、この場合は、たんぱく尿もあるはずです。リウマチあるいは気管支拡張症の治療薬には血尿を引き起こす薬はありません。飲んでいる薬の中に、血液をサラサラにする薬、つまり抗血小板薬あるいは抗凝固薬が含まれていないか確認してください。こうした薬は血尿の原因となり、減量や中止、または薬の変更が必要となることがあります。主治医と相談してください。

 更なる精密検査として、造影剤を使用したCTスキャンと、尿の中にがん細胞がないかどうかをみる尿細胞診検査があります。この二つの検査は主に、尿が作られて体の外に出るまでの臓器である腎臓、尿管、膀胱にがんができていないか調べるために行います。

 この二つの検査でも原因がわからない場合は特発性腎出血という病気が疑われます。腎臓の中に血豆ができて破れて出血する、まれな病気です。専門の医療機関での精査と治療が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。