文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

大腿骨先端が壊死と診断

 ランニングをしていますが、少し走ると右 臀部でんぶ が張るようになり、整形外科で「特発性 大腿だいたい 骨頭 壊死えし 」と診断されました。治療法や有効なリハビリはありますか。(68歳男性)

範囲と程度で異なる治療

秋山 治彦 岐阜大学整形外科教授(岐阜市)

 特発性大腿骨頭壊死症は指定難病です。病気の治療でステロイド薬投与を受けた人や、習慣的に大量飲酒をする人などで、股関節の大腿骨の先端(骨頭)への血流が低下または一時的に途絶して骨の一部が壊死してしまう人がいます。特別な原因がなく発生する人もいます。初めは自覚症状はありませんが、壊死した骨が潰れてくると痛みを覚え、次第に歩くのが困難になって日常生活に支障を来すようになります。

 壊死した骨を再生したり、潰れた骨を元のように膨らませることはできません。壊死の範囲が小さいと自然に治癒することもありますが、ほとんどの場合、完全には治りません。

 エックス線とMRI(磁気共鳴画像)検査を行い、その後は定期的にエックス線検査で経過をみます。発症後すぐで骨頭の潰れもひどくない場合は、松葉づえやステッキで歩いてもらいます。骨が大きく潰れていると手術が必要です。治療は、壊死の範囲と骨の潰れの程度で異なります。専門医と相談してください。

 階段の飛び降りなどは避けましょう。体重がかかる部分の骨が壊死している場合は、急に骨が潰れてしまうことがあります。

 リハビリでは、筋肉が 萎縮いしゅく しないようにするストレッチと、筋力と股関節の動きを維持する運動を行います。例えば、机や椅子に手を添えてのスクワット、あおむけでゆっくり股と膝の関節を90度程度曲げる運動があります。痛みを感じない程度に行ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。また、外部配信することもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額220円(税込)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。