文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

IBDとともに<2>戻れる場所があったから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
IBDとともに<2>戻れる場所があったから

新型コロナ対策について、国立感染症研究所の脇田隆字所長(左)に取材する私

 「戻れるところがあって、いいですね」

 記者の私(44)は、看護師に掛けられた言葉が忘れられない。2009年に難病のクローン病で兵庫県立西宮病院に2か月近く入院し、退院が間近に迫った時のことだった。

 難病の患者とわかると、職を追われる人がいるのだという。逆に「難病」という言葉に怖くなり、「働けない」と思い詰めて自ら辞める人もいると知った。

 私は、退院すれば復職するのが当たり前だと思っていた。「戻れない人」がいることに思いも至らなかった。病を持つと社会から取り残されるのか――。この体験が、医療の取材を志すきっかけとなった。

 だが、仕事に戻ることは思っていたより簡単ではなかった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事