文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

妊娠・育児・性の悩み

おなかのトラブル(1)「急に始まった腹痛」は重い病気の可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  下痢や便秘から炎症性腸疾患まで、おなかでは様々なトラブルが起きます。診察のタイミングや対処法について、大阪母子医療センター(大阪府和泉市)の恵谷ゆり消化器・内分泌科主任部長に聞きます。(聞き手・石川千佳)

 子どもに「おなかが痛い」と言われると心配になりますね。おなかの中には胃や小腸、大腸など食べたものを消化し、栄養を吸収するための消化管がくねくねと折りたたまれて収まっています。栄養分を貯蔵し、有毒な物質を解毒する肝臓や、消化酵素やインスリンを分泌する 膵臓すいぞう など多くの臓器に加え、女の子の場合は卵巣や子宮などもあるので、腹痛の原因は小児科医でも簡単には特定できません。

 腹痛には、締め付けられるような鈍い痛みが間欠的にやってくる「内臓痛」や、持続的に鋭く痛む「体性痛」などがあります。ほかにも、筋肉痛や息苦しさを腹痛と勘違いして訴えていることもあります。背中をさすったり安静にさせたりすることで腹痛が落ち着いてくると、ひとまずは安心できます。

 一方、腹痛が急に始まった場合は重い病気のサインかもしれません。子どもの顔色が悪かったり、痛みがひどくなってきたりしていれば、時間外でも救急外来の受診を考えてください。腹痛とともに 嘔吐おうと や下痢が続くときも脱水症になる可能性があるので、病院に行った方がよいと思います。

 ただ、判断に迷うときも多いでしょう。そんな時は、小児救急の電話相談(#8000)をお勧めします。看護師が無料で相談に応じてくれます。

恵谷ゆり 日本小児科学会専門医、日本肝臓学会肝臓専門医

【略歴】
 恵谷ゆり(えたに・ゆり) 日本小児科学会専門医、日本肝臓学会肝臓専門医。大阪市立大卒。大阪府立急性期・総合医療センター(現大阪急性期・総合医療センター)小児科、大阪母子医療センター消化器・内分泌科に勤務し、2017年から現職。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事