文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

森本昌宏「痛みの医学事典」

医療・健康・介護のコラム

人はどうして痛いと大きな声をあげるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 痛みに対処する“極意”を教えてしんぜよう。それは、「大声をあげてあんあんと泣くか、笑い転げること」、そして「知らんぷり」の二つだ。ねっ! 簡単でしょ?

あんあんと泣いた正岡子規

“人はどうして痛いと大きな声をあげるのか?” はロックされています 人はどうして痛いと大きな声をあげるのか?

 明治の俳人・正岡子規は、「結核性 瘻孔(ろうこう) 」による痛みに苦しみ、死までの数年間を病床で過ごすことを強いられた。その体験を著した「 病牀(びょうしょう)苦語(くご) 」のなかに、以下のようなくだりがある。「始めは客のある時は客の前を (はばか) って (わず) かに顔をしかめたり、僅かに泣声を出す位な事であったが、後にはそれも我慢が出来なくなって来た。友達の前であらうが、知らぬ人の前であらうが、痛い時には、泣く、 (わめ) く、怒る、 (うわ)(ごと) をいふ、人を怒りつける、大声あげてあんあんと泣く、したい放題のことをして最早遠慮も何もする余地がなくなって来た……」。大の大人が「あんあん」と泣いてしまうのだから、その痛みの激しさは想像に難くない。

 結核性瘻孔では「肺結核の原因である結核菌が、血流に乗って体中に移動して (うみ) が出る穴を作る」状態となる。背骨で起こった場合が「脊椎カリエス」である。

無意識に繰り返す「緊張と弛緩」

 さて、人は痛いと、どうして大声をあげて泣くのだろう?

 まずは大声を出すことがストレスの解消となる。私もカラオケでは、西城秀樹さんの曲を大声でがなってしまうが、スッキリしちゃうんだな、これが。大声で歌うことが、息を止めて筋肉に力を入れ、次いでスッと力を抜くことを繰り返す「緊張 弛緩(しかん) 法」を行うことになり、ストレス解消につながっているのだ。

 これと同じく、泣いている時にも、人は無意識に緊張と弛緩を繰り返しているのである。さらに、大声で泣くとそちらに意識が移り、痛みに集中しなくなることも期待できる。これを「聴覚鎮痛法」と呼ぶ。つまり、人は誰に教えられたわけでなく、自然にこれらの鎮痛法をマスターしているのだ。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

morimoto-masahiro

森本 昌宏(もりもと・まさひろ)

 大阪なんばクリニック本部長・痛みの治療センター長。
 1989年、大阪医科大学大学院修了。医学博士。同大学講師などを経て、2010年、近畿大学医学部麻酔科教授。19年4月から現職。日本ペインクリニック学会専門医、名誉会員。日本東洋医学会指導医。著書に『ペインクリニックと東洋医学』『痛いところに手が届く本』ほか多数。現在、大阪市北区の祐斎堂森本クリニックでも診療中。

森本昌宏「痛みの医学事典」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事