文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

サバ缶でふんわりつくね風…常温で保存できる便利な缶詰使い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 常温で保存できる便利な缶詰。皆さんの自宅にもあるのではないでしょうか。

 私が関わる高齢の方のおうちにも、いろいろな缶詰を見かけることがあります。どうやって食べるのかをお聞きすると、そのまま食べる、汁物に入れる、ご飯に混ぜるなど、皆さん、工夫を凝らして食べているようです。今回は、サバの水煮缶詰とはんぺんを混ぜて作る、やわらかなつくね風のご紹介です。

 このレシピでは、かむ、のみ込む力が低下した方に向けて、はんぺんを滑らかなペースト状につぶし、ほぐしたサバの水煮缶と混ぜています。そして、つぶし方を粗くしたり、長ネギのみじん切りや、大葉の千切りを入れたりすると食感が楽しめ、多くの年代の方に召し上がっていただけるメニューとなります。

[作り方]

(1) ポリ袋に、はんぺんを入れ、粒がなくなるまでつぶす。卵は割り、ほぐす。サバ水煮缶はほぐし、汁気を切っておく(小骨が気になる場合は取りのぞいておく)。

(2) はんぺんの入った(1)のポリ袋に、サバ水煮缶、卵、おろしショウガを入れる。

(3) ポリ袋の外側からよく混ざり合うように、もむ。

(4) (3)を4~6等分にし、油を引いたフライパンに並べ入れる。

(5) 中火で両面を焼き、ふたをして弱火で2分ほど焼く。

(6) 皿に盛り付け、大根おろしやニンジンなどの付け合わせを飾る。

※かむ、のみ込む機能には個人差があります。食べる機能を確認しましょう

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事