文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

みんなで減塩<4>社食 全メニューで抑制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
みんなで減塩<4>社食 全メニューで抑制

社員食堂で定食を食べる社員(埼玉県川越市の「富士フイルム和光純薬」東京工場内)

 「まるで別の食堂みたいだ」

 2019年11月、総合試薬メーカー「富士フイルム和光純薬」東京工場(埼玉県川越市)で働く柴崎貴雄さん(44)は、社員食堂のカレーを食べて驚いた。いつもより、ずっと味も香りも薄く物足りない。

 それもそのはず。この月から全てのメニューが「減塩」に変わっていた。

 社員食堂改革は、従業員の健康対策の一環だ。従来のメニューは、地元の保健所から「全体的に塩分が高め」と指摘されていた。例えば、以前のカレーライスの食塩相当量は平均5・8グラム。小鉢とみそ汁を加えたセットにすると7・7グラムになり、国が示す1日の食塩摂取量の目標(男7・5グラム未満、女6・5グラム未満)を1食で超えてしまう状態だった。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事