文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

記者出前レク

回想サロン

マイボールでボウリング場に通った日々~埼玉・新座福祉の里図書館で出前レク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 よみうり回想サロンの出前レクが、10月21日、埼玉県新座市の「福祉の里図書館」で開かれました。この図書館で回想サロンの出前レクが開かれるのは、昨年2月、10月に続いて3回目。3年度連続での開催となりました。今回は市内の男女9人が参加しました。

 会場では新型コロナウイルスの感染防止のため、マスク着用のほか、座席の間隔を空けるなどの対策もとられました。

 読売新聞クロスメディア部の山本淳一記者が進行役となり、昭和40年代を振り返りました。

 まず、昭和43年に日本で初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の話題から、当時読んだ本の思い出を聞きました。「日本沈没」や「恍惚こうこつの人」「氷点」など、今でも読み継がれる本の名前が次々と挙がりました。

昭和40年代に読んだ本や楽しんだレジャーについて語り合った(10月21日、埼玉県新座市の福祉の里図書館で)

 昭和45年頃の「ボウリングブーム」について参加者の皆さんに聞くと、「マイボール」を持っていた人が9人中2人いました。2人のうち、女性は地元チームに入ってユニホームも持っていたそうです。またもう一人の男性は「週3回通った時期もあった。ストライクが入ったときの快感が気持ち良かった」と話していました。当時、町内会などのレクリエーションは大体ボウリングだったそうです。

 昭和47年、上野動物園にパンダがやってきた話題では、「子どもを連れて見に行きましたが、とても混んでいました。子どもは『パンダのお尻しか見えなかった』と、残念そうでした」と話してくれました。冷めやらぬ当時のパンダ人気をうかがい知ることができました。

 サロンの後、参加者の女性が、山本記者に駆け寄って「昭和40年に結婚して、40年代は子育てに忙しい頃でした。私は家事や育児、夫は土曜日はゴルフ、日曜日は家族サービスに頑張ってくれました。みんな頑張っていた時代でした」と懐かしそうに話してくれました。

 また、実施後のアンケートでは「とても分かりやすく、当時の自分がよみがえったように感じました」「昔を思い出すことで、脳内の巡りが良くなった」「案外、面白かった」などの感想を寄せていただきました。

 読売新聞社は、DVD「よみうり回想サロン・昭和から平成編①」「昭和40年代編①」「昭和30年代編①」「昭和20年代編①」を好評販売中です。DVDを使ったベテラン記者の「出前レク」(約60分、有料)も受け付けています。問い合わせは、クロスメディア部「よみうり回想サロン」係(TEL:03・3216・8872)。(下のロゴをクリックすると「よみうり回想サロン」ご案内ページに移動します)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

記者出前レクの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事