文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

課長補佐「バカじゃないのか」毎日のように大声で怒鳴る、部下は適応障害に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 長崎県は5日、部下にパワーハラスメントをしたとして、県北振興局の課長補佐級の男性(57)を同日付で停職1か月の懲戒処分とし、課長補佐級から係長級へ降任する分限処分を行った。

課長補佐「バカじゃないのか」毎日のように大声で怒鳴る、部下は適応障害に

長崎県庁

 発表によると、男性は4~5月、当時勤務していた五島振興局で、部下の男性1人に対し、毎日のように連続して30分から1時間以上、大声で「バカじゃないのか」などと高圧的な指導を行った。さらに書類などを見ながら「殺すぞ」など独り言をつぶやき、職場環境を悪化させたという。

 部下の男性が5月下旬、別の上司に相談して発覚。男性は適応障害の診断を受け、6月中旬から7月末まで病気休暇を取得した。

 また、県は福祉保健部の会計年度任用職員の男性(44)を減給3か月(10分の1)の懲戒処分とした。男性は10月、長与町内で知人女性に暴行を加えたなどとして逮捕された。同月、長崎簡裁に略式起訴され、罰金20万円の略式命令を受けて納付したという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事