文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

5都府県の3万人対象にコロナ抗体検査…ワクチン接種が進んでから初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は28日、東京、大阪、宮城、愛知、福岡の5都府県の住民計3万人を対象に、12月と来年2月に新型コロナウイルスの抗体検査を行うと発表した。

5都府県の3万人対象にコロナ抗体検査…ワクチン接種が進んでから初

新型コロナウイルス

 大規模な抗体検査は昨年2回行ったが、ワクチン接種が進んでからは初めて。

 抗体検査では、ウイルス感染やワクチン接種によってできる体を守る抗体が、血液中にあるかどうかを調べる。

 厚労省の担当者は「第4波、第5波の感染拡大やワクチン接種の進展を経て、どれだけ抗体を持つ人が増えたか確認したい」と話している。

 昨年12月に行われた大規模検査では、抗体がある人が、東京で1・35%、大阪0・69%、宮城0・14%、愛知で0・71%、福岡で0・42%にとどまっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事