文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

 かわいがってきた犬や猫と最期まで一緒に暮らしたい――。そんな願いをかなえてくれる全国的にも珍しい特別養護老人ホームが、神奈川県横須賀市の「さくらの里 山科」。そこで起きた人とペットの心温まるエピソードを、施設長の若山三千彦さんがつづります。

医療・健康・介護のコラム

愛犬ココ君の物語(中)急激に認知症が進んだ女性 飛びついても無反応…愛情はもう戻らないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
続・伴侶動物福祉のモデルケース…認知症の女性と愛犬のココ君(中)

ココ君と遊ぶ橋本さん

 橋本幸代さん(仮名、70歳代)は、認知症が進行したため、住宅型有料老人ホームで暮らすことが不可能になり、トイプードルの愛犬ココ君(当時6歳)と一緒に「さくらの里山科」に転居してきました。

  徘徊(はいかい) 、すなわち外に出て行ってしまい、帰れなくなってさまようことが問題になった橋本さんですが、「さくらの里山科」ならば徘徊してしまう心配はほとんどありません。

 とは言っても、入居者を決して閉じ込めているわけではありません。1階の正面玄関の自動ドアだけは、脇の壁の高い位置にあるスイッチを押さないと開かないようになっていますが、犬と入居できるユニット(区画)の玄関には鍵をかけていません。

 「さくらの里山科」は、ユニット型特別養護老人ホームです。ユニット型ホームは、内部がユニットと呼ばれる区画に分かれています。「さくらの里山科」の場合、一つのユニットは、入居者の個室10室と、リビング、キッチン、3か所のトイレ、風呂で構成されています。いわば、10LDKのマンションのようなものです。

 入居者が建物の外に出るには、ユニットの玄関、エレベーターまたは階段(階段の前にはドアがあります)、そして1階正面玄関という3段階のガードを突破しないといけないのです。そのどこかの段階で職員が気付きます。

 また、ユニットには常時1~3人の職員が配置されています。職員は、おむつ交換、トイレや入浴の介助などを行っていて、常にユニットの玄関をチェックできているわけではありませんが、限られた空間に入居者が10人だけいる状況です、ある程度細かく入居者を把握できています。誰かがいなくなればすぐに気付きます。もちろん、職員は意識して、全員いるかどうかを常に気にかけています。

 このような態勢ですので、開設以来約10年間、入居者が建物の外に出てしまったというケースはありません。認知症の方の行動を制止できず、職員が付き添いながら外に出てしまったことは何回かありますが。

 橋本さんも、ホームの外に出て徘徊してしまうことはありませんでした。短時間ですが、職員が付き添って橋本さんにココ君の散歩に行ってもらっていましたから、外に行きたいという衝動も弱まったのかもしれません。比較的落ち着いて暮らしていました。

ココ君も幸せそうでした。橋本さん以外の入居者の方にもかわいがられ、「文福」などほかのワンコたちと仲良くと遊んで、いつも楽しそうでした。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事