文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

希釈を誤り、濃度不足のワクチンを最大6人に接種…受けた人の特定困難

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 長崎市は25日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、最大で6人に濃度不足のワクチンを接種した可能性があると発表した。体調不良の報告はないが、接種を受けた人の特定は難しいという。

希釈を誤り、濃度不足のワクチンを最大6人に接種…受けた人の特定困難

新型コロナウイルス

 発表によると、濃度不足のワクチン接種を受けた可能性があるのは、24日の午前11時から午後1時までに接種した115人のうち、最大6人。

 市内の接種会場でワクチンが入っていた使用済みの小瓶(バイアル)の数を確認したところ、バイアル数に対し、注射器の本数が6本(1バイアル分)多いことが判明した。

 市はワクチンを希釈する際、ワクチンが若干量残ったバイアルに誤って再び生理食塩液を注入し、濃度が不足したワクチンが6本分作製されたとみている。

 市は接種を受けた115人に連絡を取って謝罪し、2回目の接種後に抗体検査を実施した上で抗体がない場合、改めてワクチン接種を行うと説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事