文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

中国でコロナ感染が再拡大、住民対象に大規模PCR検査…観光名所は一時閉鎖

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
中国でコロナ感染が再拡大、住民対象に大規模PCR検査…観光名所は一時閉鎖

北京で、新型コロナウイルスワクチンを接種するために並ぶ人たち(24日)=片岡航希撮影

 【瀋陽=川瀬大介】秋の観光シーズンに入った中国で、新型コロナウイルスの感染が拡大している。観光地を訪れた行楽客から急速に市中感染が広まり、せきや発熱などの症状が出た感染者の数が23日までの1週間に130人以上にのぼった。10月前半は中国本土全体で8人にとどまっていた。

 24日に記者会見した国家衛生健康委員会の幹部は、北京を含む全国11の省・直轄市・自治区に感染が広がっているとし、「さらに広がるリスクは依然大きい」と警告した。

 感染者が見つかった地域では、住民を対象にした大規模なPCR検査が実施されている。甘粛省政府は23日、省内の観光名所を一時閉鎖すると発表した。

id=20211024-249-OYT1I50061,rev=9,headline=false,link=false,float=left,lineFeed=true

天安門広場前で警備にあたる警察官(6月30日、北京で)=片岡航希撮影

 中国メディアなどによると、今回最初に感染が判明したのは16日に陝西省西安の世界遺産・大雁塔を訪れた60歳代の夫婦で、インド由来の変異ウイルス「デルタ株」に感染していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事