文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

指かざすだけで「接種証明」…静脈を読み取り、個人を認証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 鹿島建設、日立製作所などは21日、指の静脈を読み取って個人を認証することで、新型コロナウイルスのワクチン接種証明書や検査の陰性証明の代わりとする実証実験を始めた。スマートフォンや紙の証明書を持ち歩く必要がなくなり、コロナ禍前の生活に近付くことが期待される。

指かざすだけで「接種証明」…静脈を読み取り、個人を認証

指の静脈を読み取り、ワクチン接種証明などが確認できる装置(鹿島建設提供)

 実証実験に参加するのは、臨床検査大手「H・U・グループホールディングス」、九州大学、電通。指を装置にかざすと、センサーで静脈を読み取り、事前に登録した接種記録のデータと照合する仕組みだ。抗原検査やPCR検査の結果も登録できる。

 静脈は人によって異なり、他人と取り違える可能性は極めて低く、接種証明書の偽造やなりすましの危険性を減らせるという。鹿島建設などは政府が進めるワクチン接種記録システムとの連携を視野に、学校や病院、宿泊・観光施設への普及を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事