文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

米FDA、モデルナとJ&Jワクチンの追加接種認める…ファイザーと合わせ3種類すべて承認

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=船越翔】米食品医薬品局(FDA)は20日、米モデルナ製と米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種完了者への追加接種を認めたと発表した。米ファイザー製と合わせ、米国内で接種が進む3種類すべてを承認した。

 FDAは、種類の異なるワクチンを組み合わせて追加投与する「混合接種」も承認した。ジャネット・ウッドコック長官代行は声明で、「接種を完了した人の一部で免疫が低下しているとのデータがある。追加接種は新型コロナから身を守るためにも重要だ」と強調した。

 モデルナ製の追加接種は、65歳以上の高齢者や重症化リスクの高い18歳以上、医療関係者らが対象となる。1回接種タイプのJ&J製は、接種から2か月以上経過した18歳以上の人を対象とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事