文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

米政府、5~11歳の2800万人分のワクチンを確保…ファイザーは使用許可を申請中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 【ワシントン=船越翔】米政府は20日、新型コロナウイルスワクチンの子供への接種拡大に向けて、5~11歳の約2800万人分のワクチンを確保したと発表した。米ファイザーは米食品医薬品局(FDA)に5~11歳へのワクチン緊急使用許可を申請中で、バイデン政権は承認後すぐに接種を始める意向だ。

 米政府のジェフ・ザイエンツ対策調整官は記者会見で、「何百万人もの親が子供たちの接種を待っている」と述べ、学校や小児病院などで投与できるよう準備していると説明した。

 FDAの諮問委員会は、12歳以上に接種が制限されているファイザー製ワクチンについて、26日に子供への効果や安全性を議論する。FDAは諮問委の判断に基づき、11月中にも使用を認める可能性がある。

 ファイザーの臨床試験結果では、5~11歳の子供に12歳以上向けの3分の1の量を投与したところ、抗体や副反応の強さは、通常量を接種した16~25歳とほぼ変わらなかったという。

 米国では学校の対面授業が再開され、子供への接種拡大を求める声が強まっている。カリフォルニア州は州内の学校に通う生徒に、段階的に接種を義務づける方針を表明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事