文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」

介護・シニア

「イデコとパスモ、どう違うの?」と言うあなたへ…三つの税制優遇がある確定拠出年金は「習うより慣れろ」です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  前回 のコラムで「老齢年金の繰り下げ受給は最大84%増になるものの、定年退職から年金を受給開始するまでの生活費が問題だ」という話をしました。今回は、定年後の生活費(老後資金)の () め方についてお話ししましょう。(本記事で紹介する制度などに関する情報は、2021年10月末時点のものです)

三つの税制優遇を使い尽くす「確定拠出年金」 老後のために「習うより、慣れろ」です!

イラスト:平松昭子

原則60歳まで引き出しができない

 結論からお伝えすれば、老後資金を貯めるなら確定拠出年金がお勧めです。確定拠出年金とは、国が用意した老後資金専用の貯蓄制度で、字面は愛想がありませんがメリットはたくさんあります。

 最初のメリットは、原則60歳まで引き出しができないこと。使い勝手としては、「引き出せない」というデメリットはあるものの、「老後資金を貯める」という意味では「半強制的に貯蓄ができる」というメリットがあります。

 二つ目は「税制優遇」で、これは確定拠出年金という制度を理解するキーワードです。イメージとしては、確定拠出年金という「通路」を通るだけで自然と節税ができる感じでしょうか。〈1〉入り口〈2〉預けている間〈3〉出口の3か所で節税できるので、図でポイントを押さえた後に詳細を説明します。

●確定拠出年金の税制優遇イメージ

(筆者作成)

〈1〉<入り口>住民税と所得税が軽減できる
 確定拠出年金の掛け金は全額所得控除になるので、住民税と所得税が安くなります。節税の威力はシミュレーションをするとわかります。「確定拠出年金」「節税」「シミュレーション」で検索するとたくさんのサイトがヒットするので、ご自身の条件をインプットしてみてください。3分あればできます。
〈2〉<預けている間>運用益に税金がかからない
 運用中の運用益が非課税となる点も見逃せません。似たような制度に「NISA(少額投資非課税制度)」がありますが、こちらは文字通り「投資」商品のみ。確定拠出年金は、元本確保型の商品も非課税の対象になる点がポイントです。投資アレルギーがある人は、「とりあえず、元本保証商品を確定拠出年金で始めてみる」だけで節税効果があります。
〈3〉<出口>退職所得控除や公的年金等控除が受けられる
 今はピンとこないかもしれませんが、受け取り時に、税金の控除が受けられることも大きなメリットです。一時金で受け取る場合は退職所得控除、年金で受け取る時には公的年金等控除、一時金と年金の併用時は、退職所得控除と公的年金等控除が受けられます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru_prof

楢戸 ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター
 1969年生まれ。大手商社に勤務後、90年代よりマネー記事を執筆。「誰もが安心してお金のことを学ぶ場」である「お金のリビング」を主宰。その入り口として、「ザックリ家計簿」ワークショップをオンラインにて開講中。詳しくはホームページ「主婦er」で。
 お金の記事だけでなく、「家族」や「暮らし」についてもコンテンツ更新中。

過去コラムはこちら

40代から備えよう「老後のお金」

楢戸ひかる「シニアライフの羅針盤」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

利確?

phk

長期投資のための制度であるiDeCoの記事で「利益確定」の語が出てくるのには違和感がある。

長期投資のための制度であるiDeCoの記事で「利益確定」の語が出てくるのには違和感がある。

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事