文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

世界体操出場の畠田瞳、段違い平行棒の練習で落下し首強打…個人総合決勝を棄権

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 日本体操協会は20日、体操の世界選手権(北九州市立総合体育館)に出場している女子の畠田瞳(セントラルスポーツ)が練習中に首を負傷したため、21日の個人総合決勝を棄権すると発表した。

世界体操出場の畠田瞳、段違い平行棒の練習で落下し首強打…個人総合決勝を棄権

女子個人総合予選で好演技を並べた畠田瞳=三浦邦彦撮影

 発表によると、畠田は20日、北九州市内の練習会場で段違い平行棒に取り組んでいたところ、移動技で落下して首を強打。病院で磁気共鳴画像(MRI)検査を受け、「中心性脊髄損傷と 頸椎けいつい の打撲傷」と診断されて、そのまま入院した。

 畠田は18日の予選で個人総合4位に入り、決勝に進んでいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事