文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

上司から「バカ野郎」、大声で1時間以上の叱責も…神奈川トヨタ社員自殺「パワハラ」認定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 2019年5月にトヨタカローラ横浜(現・神奈川トヨタ自動車)の男性社員(当時38歳)がうつ病で自殺したのはパワハラが原因だったとして、藤沢労働基準監督署が労災認定したことがわかった。両親と代理人弁護士が20日、記者会見を開いて明らかにした。認定は今年6月22日付。

 代理人弁護士らによると、男性は大学卒業後に同社に入社し、13年頃から藤沢店(現・辻堂太平台店)で自動車販売や自動車保険の加入者獲得、休日に行われるフェアへの誘客などを担当。18年6月以降、上司から「バカ野郎」などと言われたり、ほかの社員の前で1時間以上にわたって大声で 叱責しっせき されたりした。藤沢労基署は、男性がパワハラによって19年2月下旬にうつ病を発症し、自殺したと認定した。

 両親は「なぜ息子が死ななければいけなかったのか、その理由をどうしても知りたかった。日本の全ての企業にもっと働きやすい環境を作ってほしい」と訴えた。

 同社は「このような痛ましい事案を再び起こさないよう、ハラスメント行為の撲滅に不退転の決意で取り組んでまいります」とのコメントを出した。

上司から「バカ野郎」、大声で1時間以上の叱責も…神奈川トヨタ社員自殺「パワハラ」認定

トヨタ自動車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事