文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

高血圧「早朝の頭痛」「夜間の頻尿」などは早めに受診…朝晩の家庭血圧測定を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 高血圧は、最も発症頻度の高い生活習慣病で、患者は全国に4300万人いるとされます。そのまま放置すると脳卒中や心臓病、腎臓病などを引き起こしかねませんが、自宅で血圧を測りながら減塩や服薬などに努めれば、必ず結果がついてきます。(山崎光祥)

代表的な生活習慣病

 血圧とは、心臓が収縮・拡張した時に血管の壁にかかる力のことです。健康診断でよく聞く「上の血圧」は収縮期、「下の血圧」は拡張期の血圧を指します。血管がしなやかに伸縮し、循環する血液量が一定であれば問題はありませんが、加齢とともに血管が硬くなる「動脈硬化」が進んだり、塩分の取り過ぎで体内の水分が増えたりすると、血圧が上がります。

 病気との境目は、医療機関を受診した時に測る「診察室血圧」で140/90(正常値は120/80未満)、リラックスできる自宅で定期的に測り平均する「家庭血圧」が135/85(同115/75未満)です。

 血圧が高いだけでは自覚症状はありませんが、脳 梗塞こうそく や心筋梗塞などのリスクが高まります。早朝の頭痛、夜間の頻尿、呼吸困難、手足のしびれなどの症状があれば、早めに受診してください。

 高血圧に早く気づくには自宅での測定が欠かせません。血圧計を新たに購入するなら上腕にカフ(腕帯)を巻くタイプがお薦めです。朝食前と就寝前に2回ずつ、背もたれのある椅子に座り、深呼吸を2~3回してリラックスした状態で測ってください。その際、カフは心臓の高さに合わせることがポイントです。

 上下の血圧と脈拍数は、その時々の症状や出来事などと共に記録します。日本高血圧協会が発行する「血圧手帳」が便利です。血圧手帳は受診時にかかりつけ医に提示します。日々の変動幅や症状の出るタイミングなどが治療薬を決める手がかりになり、脈拍の数値から心臓や甲状腺の病気が見つかることもあります。

減塩・運動・服薬も

 高血圧が、腎臓や副腎の異常、血管の病気などによるものでなければ、まずは塩分摂取量を1日6グラム未満に減らすことを目標にします。日本人の平均は10グラム余りで、しかも高齢者は塩味を感じにくいため、急に減塩すると食欲が低下してしまいます。しかし、1か月に1グラムずつ減らすと味付けの変化が気になりません。

 治療に使う降圧薬は、血管を広げるカルシウム 拮抗きっこう 薬、血圧を上げるホルモン系を抑えるアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)とアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬、余計な塩分と水分を排出する利尿薬、心臓の動きを穏やかにするβ遮断薬から選ばれます。血圧が十分に下がれば、薬を減らしたり、完全にやめたりできます。

 減塩と薬以外では、禁煙や有酸素運動(計30分超、週3日以上)、節酒、ストレス解消などが重要です。これらは予防にもつながります。

 日本高血圧学会理事で勝谷医院院長の勝谷友宏さんは「健康診断でも血圧は測定しますが、信頼性は家庭血圧に劣ります。朝と夜の測定回数はそれぞれ3回くらいまでとし、測定値はより好みせず、血圧手帳に全て書くように心がけましょう」と話しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事