文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」

医療・健康・介護のコラム

睡眠不足に強い人を「うらやましい」と思ったことはありますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

危険な兆候に付づかない

 何年にもわたり睡眠不足を続けていると、生活習慣病のリスクも高くなることはよく知られています。では、睡眠不足を何年間も続けられるのはどのような人々でしょうか。睡眠不足時に眠気や倦怠感などの自覚症状が強く出て、なかなか順応できない人は早々にギブアップします。一方、「睡眠不足に強い」人は、平日の睡眠不足を休日の寝だめでごまかしながらそのような生活を続けてしまいます。

 では、「睡眠不足に強い」人は生活習慣病にかかりにくいのかと言えば、そうではありません。眠気を自覚しない人でも、先に挙げた身体機能の変化はきっちり生じています。残念ながら睡眠不足による身体機能の変化は、痛みや痒みを伴わないため体内でアブナイ変化が生じていることになかなか気付けません。「睡眠不足に強い」ことは決してうらやむべき特技ではないのです。

 ご自分の生活習慣、睡眠習慣が本当にサステナブル(持続可能)であるのか、機会があったら見直してみてはいかがでしょうか。(三島和夫 精神科医)

3 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

photo_mishima-prof

三島和夫(みしま・かずお)

秋田大学大学院医学系研究科精神科学講座 教授

 1987年、秋田大学医学部卒業。同大助教授、米国バージニア大学時間生物学研究センター研究員、スタンフォード大学睡眠研究センター客員准教授、国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部部長を経て、2018年より現職。日本睡眠学会理事、日本時間生物学会理事。著書に『不眠症治療のパラダイムシフト』(編著、医薬ジャーナル社)、『やってはいけない眠り方』(青春新書プレイブックス)、『8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識』(共著、日経BP社)などがある。

Dr.三島の「眠ってトクする最新科学」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事